銀影エア タイプS 銀影エア タイプS
引いて良し、泳がせて良し、軽さとパワーも両立した、全てにおいて秀逸のバランスを誇る“蒼きトーナメントロッド”。

ブランクに「SUPER SVFナノプラス」を採用し、早瀬抜クラスのパワーを備えながらも215g(H90)の軽量自重を実現した、胴調子のAと先調子のTとの中間的調子になる「TYPE S」。独自の節長セッティングが生み出す、オトリが左右にフワフワと動く“Sアクション”により、スレた野鮎をも強烈に挑発。今まで獲れなかった1尾を仕留めれる、際立った実釣性能を備える。

銀影エア タイプS 銀影エア タイプS 銀影エア タイプS
ダイワ独自の超高精度ロッド設計・製造テクノロジーが可能にしたダイワ史上最高の軽さ、感度、パワーを発揮する超高密度カーボン「スペシャル Z-SVFナノプラス」。
感性領域設計システム『ESS』ロッドは曲がると、その方向と反対側に起きあがろうとするエネルギー(復元力)が発生する。これは、変形した(ひずんだ)ブランクが元に戻ろうとする「ひずみエネルギー」であり、竿の性能を左右する極めて重要なファクターである。DAIWAは、この「ひずみエネルギー」を解析・設計するシステムを開発。「どこが優れているか」「どこが足りないか」を数値で明確に把握するだけでなく、エキスパートの感性と呼ばれる領域までロッドに反映する事が可能。理想を越える竿を作り出す、革新的ロッド設計システム『ESS』。
超弾性チタン合金を採用し、カーボン素材では不可能な驚くべき感度を実現する「SMT(スーパーメタルトップ)」。振動を長く伝える超弾性チタン合金をそれぞれの竿種に合わせてチューブラー(中空)やソリッド(ムク)構造にし、カーボンやグラス素材をハイブリッドして理想的な調子を追求している。
銀影エア タイプS 銀影エア タイプS 銀影エア タイプS
パワーロスが生じがちな節の合わせ部にダイワ独自のバイアス構造を採用することで、ワンピースのような美しい曲がりを可能にし、負荷が掛かった時の節の歪みを抑えてパワーロスを減少させることに成功。さらに従来必要とされていた合わせ部の重ね代を極限まで減らしたのがスペシャルV-ジョイント。これによって重量を軽減しながらいっそう歪みの少ないロッドを作り上げることができる。
ネジレ防止は「45°」が最適。パワー、操作性に革命をもたらすネジレ防止の最適構造。従来構造(竿先に対して0°、90°)に、DAIWA独自のバイアスクロス(±45°に斜行したカーボン繊維等)を巻くことで、ネジレを防ぎ、パワー・操作性・感度が飛躍的に向上。※ネジレに対して最も強い「45°」X構造をネーミングに採用。「Xトルク」は世界共通の商標として「X45」に呼称変更いたしました。
カーボンロッドの性能を最大限引き出すダイワ独自の特殊外観処理。カーボン素材の表面を極限の滑らかさになるまで研磨することで、塗装にも負けない光輝性外観と、素材の性能を余すことなく発揮させる。
銀影エア タイプS 銀影エア タイプS 銀影エア タイプS
感性領域設計システム『ESS』ロッドは曲がると、その方向と反対側に起きあがろうとするエネルギー(復元力)が発生する。
これは、変形した(ひずんだ)ブランクが元に戻ろうとする「ひずみエネルギー」であり、竿の性能を左右する極めて重要なファクターである。DAIWAは、この「ひずみエネルギー」を解析・設計するシステムを開発。「どこが優れているか」「どこが足りないか」を数値で明確に把握するだけでなく、エキスパートの感性と呼ばれる領域までロッドに反映する事が可能。理想を越える竿を作り出す、革新的ロッド設計システム『ESS』。
下節の上部内面に僅かな出っ張り(異形部)を作り、強い密着部分をつくることで実釣時に起こる節落ちを防止する。
さらに、その異形合わせによる空気層が固着トラブルも防ぐ。
固着を防ぐため接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さによって幅と本数を変えながら施す構造。
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径[替穂]/元径
(mm)
錘負荷/替穂
(号)
適合水中糸
メタルライン
適合水中糸
ナイロン
カーボン
含有率
(%)
H85・R 8.50
8 138 204 1.5[1.8]/23.9 0~4/0~5 0.02~0.2 0.125~0.6 99
H90・R 9.00 8 138 215 1.5[1.8]/24.1 0~4/0~5 0.02~0.2 0.125~0.6 99
定価(税込) 釣りぱら価格 ご注文
H85・R ¥181,500 ¥139,755
H90・R ¥187,000 ¥143,990